"Sunny day"  Sumi ink, Collage on paper, 11.69” x 8.26”, 2018 sold

和田宏子のウェブサイトへようこそ。

2018年6月5日から6月23日までニューヨークのギャラリーで

和田宏子の3年ぶり、2回目の個展"SOMEONE, SOMEWHERE Ⅱ"が行われました。

お越しくださった皆様、本当にありがとうございました。

About the work
My subjects are people who live in a big city which never stops moving.
As a result they are often get nervous and feel anxiety.
So, many people want to have better communication with animals and nature.
Also they need to have some relaxation such as having a brief coffee break.
People are crowded on the street, on a subway platform but they are usually
unconnected, indifferent to others. 
I am trying to capture these fragments of big city scenes of modern society.
I find there sometimes poetry, sometimes cruelty, sometimes solitude.

 

今回の私の主題は、常に変化し続ける大都会のすむ人々の姿です。
いらだちや不安ととなりあわせの生活、
そしてそこから離れる為の心休まる
時間 ー 動物達とのふれあいや つかの間のコーヒータイム。。。
大都会特有の空間の中、地下鉄のプラットフォーム、
混雑する通り、互いに無関心で繋がりの無い日常。
時に詩的に、時に残酷に、時に孤独を感じさせる都市空間に私は現代を感じている